サイトメニュー

手術方法の種類

カウンセリング

補償制度を利用する

二重にする整形手術はメスを使わない方法もでてきて、プチ整形とも呼ばれ男女共に人気が高くなっています。メスを使った方法は切開法と呼ばれるもので、全切開と部分切開に分けられます。二重にする時にはまぶたに折り目をつけるだけでなく、まぶた周囲の状態を微調整することで、目もとの状態を希望に近づけることができます。埋没法の場合には糸を使ってまぶたに線をつけるので、目もとの調整をすることはできませんが、切開法の場合には切開をしたついでに、目の周囲の脂肪を取り除くこともできます。脂肪が多いと目が腫れぼったく見えるというデメリットもあり、二重にしても希望の目元とはイメージが変わってしまうこともあります。口コミでは埋没法を試した人が、二重になっても予想していたのに比べると目元がはっきりしないという感想が聞かれることがあります。これは糸で二重にしても、周囲の脂肪に埋もれてしまい、ぱっちりとした目元になれないことがあるという例です。埋没法は手軽に行えて料金も安いということで口コミでも人気がありますが、目元がふっくらとしている人の場合には、事前のカウンセリングで手術後の仕上がりついても確認しておきましょう。口コミでは埋没法を試したけれど二重がとれてしまったという悩みもよく聞かれるものです。埋没法は簡単にできるという半面、二重がとれてしまう可能性も高くなります。それに比べて切開法は二重がとれてしまう可能性が低く、ぱっちりとした二重がほぼ永久に続きます。そういった口コミを見た人は、埋没法よりも切開法を選択することが多いようですが、切開法には半切開法と全切開法があります。これはその人の目元の様子やなりたい目元によって適した方法が変わってくるので、カウンセリングの段階で主治医に相談すると良いでしょう。また美容整形クリニックによっては、施術を行った後に保証がついているところもあります。二重の整形手術は時代の変化などでなりたい顔が変わってくると修正をしたいと感じる人が多くいます。そのような時には保証がついている場合は期間内であれば割引価格や無料で施術が受けられることがあります。今後そういった可能性があるかもしれないと感じる人は、手術を受ける時には保証制度がついているところがおすすめです。

Copyright© 2018 二重整形を受ける前にチェック【口コミ情報を参考にしよう】 All Rights Reserved.